TOP>コンセプトブック>もったいないをなくす注文住宅

もったいないをなくす注文住宅

オートクチュールの”もったいない”をなくす。

家づくりはオーダーメイドの
洋服づくりにたとえられます。

オートクチュールの洋服づくりは、
高級な生地を反物ごと選んで
細かく採寸しパターンにおこします。
さらに細かく仮縫いをし、職人が一針、一針仕上げていきます。

この方法では時間も手間もコストもかかり、
余った生地ももったいないことになります。

注文住宅の家づくりも同じです。
フルオーダーの注文住宅の場合、採寸箇所も多く、少ししか必要でなくても
必要な建材なども多くなり、建材の仕入れ、建築の時間、職人さんの手間など、
目に見えないところで、ムダなコストがかかってきます。

アール+ハウスは、新しい時代のオーダーメイドハウス。
これまで通りの自由な設計をベースに、仕入れ、時間、手間などを省く合理的な工夫を
随所に取り入れ、経済コストを追及した注文住宅です。

人生観だって、価値観だって家族によってみんな違うはず。

たとえ、よく似た土地はあっても、
たとえ、家族構成は同じでも、
世界中に同じ土地や家族はひとつもない。

それなのに、何だか似ている家って変だな。

注文住宅なんだから、もっともっと
自由じゃないと、もったいないよね。

人を家に合わせるのではなく、家を人に合わせるプラン
注文住宅で大切なのは土地の形や、器としての家づくりではありません。一つ一つの家族の生活スタイルが違うように、土地の形も家の形も違うのは当然です。
アール・プラス・ハウスは、設計次第でどんな土地でも、ご家族の生活スタイルに合わせたご家族の居場所を作ります。
大切なのは、お客様の生き方や人生観を理解すること。そして、ご家族の夢を、世界にたったひとつの家づくりに反映していくことです。

目に見えない”もったいない”にもこれからは目を向けてみる。

お湯をポットに入れ忘れたとき、
ふっと、もったいないことをしたと思った。

エネルギーってうばわれるものだから、
本当は、もっと賢く考えなければ。

だったら家も、魔法瓶のように
家計にも、環境にもやさしく
欲しい温度が閉じ込められるといいのに。

夏は涼しく、冬は暖かく、ね。

高気密・高断熱で室内環境をコントロール
同じ温度設定をしても、家の造りや性能により暖かさ涼しさは違います。
それは、効率のよい機密性・断熱性を取り入れているかどうかの違いです。
アール・プラス・ハウスは、暖かい空気は軽いという自然の摂理と、24時間計量換気システムを取り入れることで、結露対策をし、建物全体の温度差を最小限にする高気密化、高断熱化を実現しました。
そのため、エネルギーにムダがないクオリティーの高い室内と、耐久性の高い住まい環境を作りだしています。

今の幸せ、未来の幸せ。どっちも大切にしたいね。

思い切って購入した高級時計。
20年たっても、30年たっても
正確に時刻を刻んでくれる。

これって、長い目でみてエコだよね。

やっぱり値段に流されなくてよかった。

家だって、長く快適に住むために、
将来のお財布にやさしいのが理想だな。

30年で建てかえる注文住宅ならいらない
これまで木造住宅の寿命は約30年といわれてきました。
その理由は、木が結露などにより腐食するものだからです。
アール・プラス・ハウスは、長く快適に住み続けていただくために、結露を出さない工夫、強い木造住宅構造を取り入れるなど、エネルギーを抑えるための工夫を随所に施しています。
アール・プラス・ハウスが目指す家づくりは、長い年月性能をキープする、省エネや、ランニングコストや、メンテナンスのことまで考えたお財布にやさしい住宅です。
COPYRIGHTS c Top Maison.ALL RIGHTS RESERVED.