TOP>コンセプトブック>コストダウンには工夫がある

コストダウンには工夫がある

ルートとルールを整えると注文住宅のコストも変る。

高価な材料、特別な素材を使うから
いい家といえるのでしょうか。

たとえば料理でも、高級なデパートの素材で作るから
美味しくなるのではなく、
品質が同じものなら農家から直接買付けても
同じように美味しいはずです。

しかし、デパートというブランドがつくと
素材のコストはグンと高くなります。
ここには、材料の仕入れや流通方法が
大きく関係しているように思えます。

注文住宅の家づくりも、何もかも同じルートや同じルールにする必要はありません。

ある部分に関しては、材料の品質を保ちながら、流通や仕入れ方法を総点検すれば、
もっと賢く低コストを実現できると考えました。

アール+ハウスは、とりわけ高くなりがちな建材を独自のルートで共同購入します。
そして、手間のかかる職人さんの仕事を短縮するため、合理的な独自のルールを設けました。

ちょっとした努力で、買物上手になる喜びは、きっと大きい。

アウトレットショップの人気は
ブランド品が、かなり割安に買えること。

産地直送のにぎわいは、野菜や魚が
もぎたて、とれたてで飛び切りおトク。

こんなコストダウンになる仕組みが
家づくりにもあればと考えるのは
無謀なことでしょうか?

厳選した建材、資材を合理的にセレクト
注文住宅の家づくりは、窓、扉、床、建具など建材ひとつを選ぶ際にも、数百種類、数千種類の中から選んでいきます。
そのため、面倒な時間もかかり、そのことがコストを押し上げています。
アール・プラス・ハウスは、全体のコストを大きく左右する建材は、大量に共同仕入れをすることでコストダウンを実現しました。
しかも、職人さんや家づくりのプロが厳選した素材に絞り込んだなかからお客様に選んでいただくため、注文住宅にありがちな面倒さを払拭しました。

決まりごとがあるほうが世の中スムーズにいくと思いませんか?

遊歩道とか、信号機とか
人は右、車は左とか、世の中には
快適に暮らすためのルールがある。

ゴミを道に捨てないとか、
ご近所に迷惑をかけないとか、
とくに考えたことのないような
ちょっとした決まりが
人をしあわせにしているような気がする。

合理的な方法、手間をかけないシステムで仕事をしやすく
家づくりに関わる職人さんは、自分の技にプライドと責任をもっています。しかし、その現場がきちんと管理されていないと、仕事がやりにくく仕上げに影響を及ぼします。
アール・プラス・ハウスでは、もっと作る側にとって仕事をしやすくする現場を考え、ミリ単位の変更をしないですむサイズの決まり、無駄な手間をかけないですむ手順や基準など、合理的に仕事ができるようなルールを設けました。
その結果、時間の短縮やコストの低減という効果が生まれました。

小さな一歩が広い世界の入口。いろんな人と出会うと人生退屈しないよね。

21世紀の革命は、
なんといってもインターネット。

居ながらにして、世界の情報が手に入る。
うれしいような、こわいような。

しかも、専門的な知識や情報を
教えてもらえるのはありがたい。

家づくりも、これからは世界中で
コラボレーションする時代になるかも。

優秀なプロフェッショナルの集まり
アール・プラス・ハウスは新しい家づくりの理念に賛同するビルダー会のメンバーによって行います。
これは、設計においてはマンネリ化しないため、施工においてはいつも新鮮な気持ちで取り組んでいただくためです。
どなたにもワクワクしていただける注文住宅を提供するため、設計においてはアトリエデザイナーといわれる一流の建築家に依頼。
ビルダー会では、協力業者や職人さんが相互に連携を取り、情報交換をするために職人会を開き、常に技術の向上にあたっています。
COPYRIGHTS c Top Maison.ALL RIGHTS RESERVED.