TOP>コンセプトブック

これから家づくりを始める方へ

そろそろ、家族みんなが喜ぶ家がほしくなった。

食べて寝るだけなら仮住まいでもいい。
でも、家族のふれあいを豊かなものにするために
くつろぎの時間を育むためには
やっぱり戸建ての我が家。

住み心地のいい家、構造のしっかりした家、
眺めのいい家、家族みんなが笑顔になる家、
構想はいろいろあるけれど、
何を基準に、何から相談すればいいのだろう。 もちろん、コストのことも気にかかる。

そんな家づくりをお考えのお客様のために
これまでになり新しいスタイルの注文住宅。
「アール+ハウス」がご一緒いたします。

思い通りの家をたてるにはムダが多いんだ。

ある日プレゼントをもらったら、
袋にリボン、包装紙に箱、またまた薄紙と
中身までなかなかたどり着かない。
世の中には、もったいないことって多いな。

ましてや、思い通りの家をたてるとなると、
どれだけのムダが隠れているのか。
本気になって考えてしまった。

もったいないの発想から誕生した注文住宅
自由設計の家は思い通りに建てられる分高くつきます。
なぜなら、お客様のご希望を生かした設計、ご希望を生かした設備、仕様、それを実現させるための職人の技術や、厳選された資材の調達まで、すべてに満足を得るためには手間も時間も膨大にかかります。
しかし、そこには目に見えない、無駄が隠れています。
その隠れた無駄に目をむけ"もったいない"と思うことから、新しい注文住宅のヒントが生まれました。

少しの我慢で大きなトクをすること、家づくりにもあればうれしいね。

どうしてもゆずれないものがある。
でも、少しくらい我慢できるものもある。

家をつくるにも、家族の生活スタイルや家の性能、
安全性はゆずれないけれど、
生活に影響がない部分の形や
サイズは少しくらい決まりがあっても、
コストを抑えて、おトクなほうがいい。

クオリティはそのままに、工夫あってコスト軽減
単に、安いことだけを強調した住宅なら世間にあふれています。でも、それでは意味がないのです。
注文住宅というからには、100人100様の個性も必要ですし、クオリティの良さは大変重要です。
では、どこでコストダウンのヒントを見つけるかと考えたとき、クオリティに影響しない部分や部材に、ある一定のルールを持つことに気づきました。

なんでもなデザインにみえてずっと手放せないもの、あるある。

キッチンにある鍋だって、机上のペンだって
気づくといつも同じものを使っている。

使い心地のいいものにはきっと理由がある。

よくできた椅子や暮らしの道具は
やっぱり、誰にとっても美しい。

そう考えると、心地よい家って、
計算された工業デザインのひとつなんだ。

家はよくできた工業デザインという考え
すべてを檜や天然無垢材にし、材料の産地まで指定するような建物となると、お金がいくらあっても足りません。 よい家とは、必ずしも特殊なつくりや高級素材でなくても、機能性(使い勝手)に優れ、近代的技術が用いられ、材料が的確に利用され、マスプロ(大量生産)に活用でき、経済的でムダを省いた合理性があることです。
その点で、家はよくできた工業製品といえます。
アール・プラス・ハウスは、まるでよくできた工業デザインのような機能的で合理的な家づくりを目指します。
COPYRIGHTS c Top Maison.ALL RIGHTS RESERVED.